METAVERSE EXPO JAPAN 2022

イベント×ヴァーチャル空間におけるMIRAIKENstudio展開について

当社はゲームに閉じないエンターテインメントとして、ドームクラス含む年間数十の公演、サウンドエンタメ、コンテンツマーチャンダイジングなどを、ライフエンターテインメントと掲げて事業を展開して参りました。昨年5月には日本最大級の4面LEDスタジオ「MIRAIKEN studio」を立上げ、xRやバーチャルプロダクションを制作しています。また昨今は現地イベント会場や販売店舗の拡張としてヴァーチャル空間を提供し、ファンとの一層のコミュニケーションを図っています。今回は、最新の映像スタジオとヴァーチャル空間のクロスオーバーの切り口からメタバースの可能性について講演いたします。

  • 登壇者

    株式会社バンダイナムコエンターテインメント
    マネージャー

    吉本 行気(よしもと たかおき)

    ゲーム、音楽サービス、オフショア開発からキャリアを開始。ゲーム関連企業役員を経て2020年参画。自社配信プラットフォーム、自社EC、MIRAIKEN studio、メタバース、Web3などエンタメの最新領域進出の責任者として事業を推進。