METAVERSE EXPO JAPAN 2022

「新感覚メタバースイベント「SANRIO Virtual Festival」で感じた新しいエンターテイメントの可能性」

2021年12月にサンリオが開催した「SANRIO Virtual Festival」。メタバース上の音楽フェスとして一つの成功事例として取り上げられる本フェスが、なぜ多くの来場者から支持を受けたのか?また、そこで見たメタバースイベントのあり方、エンターテイメント事例についてお話しします。

  • 登壇者

    株式会社サンリオ
    ライセンス営業本部 ライセンス第6部ゼネラルマネージャー 兼 新規事業開発室

    町田 雄史(まちだ ゆうじ)

    2008年株式会社サンリオ入社。これまでデジタルライセンス事業、新規IP事業、エンタメ事業等に従事。2012年には音楽をテーマとした新キャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」を立ち上げ10周年を迎えた。新しいエンターテイメントの追求から、VR初心者であるにも関わらず、2021年VR上の音楽フェス「SANRIO Virtual Fes in Sanrio Puroland」を立ち上げ。現在はデジタルコンテンツを中心に新規事業を担当。

  • 登壇者

    株式会社Gugenka
    代表取締役CEO

    三上 昌史(みかみ まさふみ)

    初音ミク公式バーチャルテーマパーク「MIKULAND」やサンリオ初のバーチャル音楽フェス「SANRIO Virtual Fes in Sanrio Puroland」、NTTのDOORで「人気アニメのバーチャル展示」などメタバースイベントのプロデュース。日テレVTuberネットワークV-Clan顧問や各社XR事業のアドバイザーとしてXR分野において新規事業立案、コンテンツプロデュース。自身が代表を務めるGugenkaでは日本アニメ公式キャラクター数世界一のデジタルフィギュア「HoloModels」やVRChatと日本初連携したアバター作成ツール「MakeAvatar」などを提供。